月別講座案内


5・6月の講座を下記の内容で開催いたします。多数のご参加をお待ちしています。

第1回基礎講座

5月20日(土) 13:00〜16:00
5月21日(日) 10:00〜12:00、13:00〜15:00

講義・実習  『診察、治療につなげる筋の触察基礎実習 〜頚、肩上部、上肢〜』
5月20日(土) センター指導員:吉村 篤、蛯谷 英樹
5月21日(日) センター指導員:吉村 篤、蛯谷 英樹、鈴木 敏弘

内 容:  日頃接する機会の多い肩こり、テニス肘や肩関節周囲炎(五十肩)などの診断と治療のためには、患者の主訴と問診から対象とする筋を想定し、触察による特定が求められます。
 本講座では、診断と治療を進める上で不可欠な知識と技術として、頚部、肩上部、上肢の筋を体表のランドマークから確認します。


第2回基礎講座

6月3日(土) 13:00〜16:00
6月4日(日) 10:00〜12:00、13:00〜15:00

講義・実習  『低周波鍼・経皮通電療法の行い方』
6月3日(土) センター指導員:鈴木 敏弘、古川 美奈
6月4日(日) センター指導員:鈴木 敏弘、古川 美奈、吉村 篤

内 容:  中国での鍼麻酔による外科手術のニュースが世界的に話題を呼び、その後、日本では鍼通電療法が運動器系疾患を中心とした治療・研究に活用されるようになりました。一方、メルザック、ウォールによりゲートコントロール説が提唱されたことを契機に、経皮的神経電気刺激法は鎮痛を目的に開発・研究されるようになりました。
 本講座では、両者の通電療法の基礎的な知識と治療効果を再確認し、最近のトピックスを含めた内容で進めていきます。


第3回基礎講座

6月25日(日) 10:00〜12:00、13:00〜15:00

講義・実習  『施術者、患者双方にとっての安全、安心、快適な介護技術』  均整きぃとす 島川 弘美 先生

内 容:  要支援・要介護状態となった方は、日常生活で様々なサポートが必要となります。普段の臨床においても、要支援・要介護状態の患者さんを施術する際には、移動や体位変換等の介護が必要になります。しかし、適切な介護を行えないと、患者さんに不安を与えたり、重大な怪我を与えてしまうとともに、施術者自身の身体的負担も大きくなります。
 今回は、長年にわたり快適な介護技術の啓発に努めておられる島川弘美先生をお招きし、施術者、患者双方に有益な介護技術についてご指導いただきます。


●講座変更のお知らせ●
・7月2日の午後はテーマを「こんな時どうする?緊急時の対応」(講師:山岡歩先生)に変更しました。
・9月10日「慢性閉塞性肺疾患に対する鍼灸治療」は講師の都合により、8月20日「診察、治療につなげる筋の触察基礎実習〜腰部・殿部・下肢〜」と日にちが入れ替わりました。
・11月26日「脳血管疾患、パーキンソン病に対する鍼灸治療」は「永田オステオパシー」(講師:永田忠先生)に変更となりました。
・地域研の日程は下記の通りです。
 10月 8日 道北地域研修講座(旭川)
 10月22日 道央地域研修講座(小樽)
 11月 5日 道東地域研修講座(帯広)
 11月12日 道南地域研修講座(函館)



  講座参加のお申し込みは、理療研修センター事務室までご連絡下さい。

   電話・FAX 011-533-3253   または、Eメール ahaki@hokkaido-c.ed.jp

  ※資料や準備の都合上、講座開催前の金曜日までにお願い致します。また、受講の取り消しや変更についてもお早めにご連絡下さい。
   受講者が多い場合はお断りさせていただく場合もありますので、ご了承願います。
   たくさんの受講をお待ちしております。


研修講座のご案内へ戻る
ホームへ戻る